コーヒーは体にいい?悪い?

  • 2022年7月1日
  • 栄養
  • 7view

毎朝コーヒーを飲んで1日を始める、豆や道具にこだわってコーヒーを楽しむ人もいますが、コーヒーって、健康にいいのでしょうか?

知っての通りコーヒーには、「カフェイン」が多く含まれています。
カフェインには脳を覚醒させる働きがあるので、適量の摂取であれば脳を活性化させ、仕事や勉強にも集中できます。
また、運動前にコーヒーを飲むと、気分を高揚させる神経伝達物質(ドーパミン、ノルエピネフリンなど)の分泌が促され、長時間運動しても疲れを感じにくくなったり、運動中の脂肪利用が促進され脂肪燃焼効果を高めてくれます。
さらにコーヒーには「ポリフェノール」が含まれています。ポリフェノールは抗酸化作用があり、肌荒れやがん、病気の原因となる活性炭素を除去してくれます。

いい作用がありコーヒーは体にいいと言えますが、過剰の摂取は問題です。
カフェインを摂りすぎると、イライラの原因、疲れやすくなることもあります。
毎日のように過剰に摂取いていれば、熟睡できず質のいい睡眠がとれなくなり体調を崩してしまう原因にもなってしまいます。
また、カフェイン中毒を起こすと最悪の場合死亡することもあります。
これは、最近だとエナジードリンクのカフェインにも言えることです。

日本では数値化されていませんが、カナダ保健省によると成人が1日に摂ってよいカフェイン量は400mg(コーヒー3杯ほど)とされています。
しかしカフェイン耐性は体質にもよるので、カフェインを摂って具合が悪くなった事がある人はノンカフェインを選ぶといいです!
また、コーヒーは空腹時に飲むと胃腸を刺激してしまうので、朝に飲みたい方は朝食の後に飲むといいでしょう。

コーヒーには肌や体にいい働きや成分がたくさんあります!
摂る時間や量に注意して楽しめるといいですね!

Personal Gym Bright

渋谷区恵比寿西1-2-1エビスマンション306
TEL: 03-6555-3594
営業時間:07:00-22:30(不定休)
#恵比寿パーソナルジム#代官山パーソナルジム#広尾パーソナルジム#子連れジム#ペアトレジム

 

 

 

栄養の最新記事8件