食事でエネルギー消費

総エネルギー消費量の一つである食事誘発性熱産生(Dietary Induced Thermogenesis【DIT】)というものは聞いたことがありますか?

食後の消化活動の為に内臓機能が活発になったことによる消費エネルギーのことです。

食事をしていて汗をかいたことはありませんか?まさにそれがDITによるエネルギー消費です。

食事を摂ることで体内に吸収された栄養素が分解されその一部が体熱となって消費されるので食後は安静にしていても代謝量が増え身体は温かくなります。

消費量は、糖質=6% タンパク質=30% 脂質4%となっており圧倒的にタンパク質を摂取した際が一番消費量が多いです。また、辛いものを食べると消費量は大きくなります。

加齢や運動不足で筋肉が衰えるとDITも低下し、定期的な運動(筋トレを含む)などで筋肉が増えるとDITも高くなります。また、DITを高くするにはよく噛んで食べた方が高くなります。

結論を言うと食事をしてもエネルギー消費をすると言うことです。

しかし、タンパク質が一番高いからといってタンパク質に偏りすぎると消化の為に熱が生成され体温を上昇させたりアミノ酸分解に伴う副産物を尿酸中に排泄する為に水不足になったり内臓の負担が大きくなったりするので偏りすぎはよくありません。

当たり前ですが消費するからといって無闇に食べるのではなくバランスよく食べることが大切です。

ダイエットの最新記事8件