朝日を浴びよう

  • 2022年2月16日
  • 健康
  • 2view

脳の中には身体のリズムを整える体内時計があります。
脳はその体内時計のリズムに従って昼は活動できるように、夜は休むようにと体内の調子を整えてくれます。

人の基本的なリズム、【サーカディアンリズム】と呼ばれ1日24~25時間周期で自律神経のバランスをコントロールしています。血圧は朝が1番高く夜が低くなるのはその為です。
体温やホルモン分泌も1日の変化を観察すると時間帯によって概ね決まった動き方があります。
それはこのような体内リズムをコントロールしている【時計遺伝子】があるからです。

このリズムに従わないと自律神経のバランスが大きく崩れてしまいます。自律神経の流れを整える為、サーカディアンリズムと同調する様に、同じ時刻に毎朝起きる、就寝時刻を毎晩同じ時間にするなど、規則正しい生活を意識することが大事になってきます。

朝日を凝視する事で身体に朝である事を送るサインになります。
長寿遺伝子の働きは私たちの体内時計、体内サイクルと密接な関係である事が研究で明らかになっています。また、体内時計がビーマルワンというタンパク質が調整しています。

人間の体内リズムは概ね25時間周期なので地球の時点とは1時間のズレが生じます。
紫外線はトリプトファン(必須アミノ酸の一種)からセロトニンの生成速度を上げるとされている為、日光を浴びる事は体内時計の調整、改善に効果的とされています。

朝日を浴びるとビーマルワンが働いて体内リズムがリセットされます。午前中の活動は非常に重要であるといえます。

出来るだけ決まった時間に朝日を浴びて体内リズムを意識した生活を送る事が重要です。

決まった時間に朝日を浴びて最高の1日をスタートさせましょう

#恵比寿パーソナルジム#代官山パーソナルジム#子連れジム#ペアトレーニング

健康の最新記事8件