疲れている時こそ運動

運動すると疲れますよね。
疲れるけど、その分疲労回復に効果的なのも運動なのです。
実際に疲れている際に運動をするか横たわって休憩するとでは、運動をした方が運動の方が回復が大きかったというデータもあります。

なぜ運動が疲労回復に効くのか。

1.成長ホルモンによる疲労回復
運動すると成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンには疲労回復効果がある為、成長ホルモンを分泌する運動をすることによって疲れは回復します

2.深い睡眠による疲労回復
運動をする事によって睡眠が深くなります。睡眠が深い程、疲労回復効果は大きいです。より睡眠を深める為に入浴すると良いです。

3.血流改善による疲労回復疲労回復
デスクワークなどによる疲労は肩まわりや首まわりに筋肉の局所的な疲労が多いです。全身の筋肉を使うことで血流が改善します。一緒に局所に溜まっていた疲労物質も押し流してくれます。

4.精神的疲労の回復
運動をする事で、セロトニンやドーパミンといった脳内物質が整うので分かりやすく言えば脳の疲れが取れるということです。

5.ストレス発散効果
運動は気分をスッキリさせるだけでなく実際にストレスホルモンを低下させるのでストレス発散効果を発揮します。

疲れている時ほど、適度な運動はしたほうがいいのです。
具体的には運動→入浴→睡眠という一連の流れを行う事によって疲労回復していきます。
疲れてる時ほど頑張ってみましょう!

#恵比寿パーソナルジム#代官山パーソナルジム#子連れジム#ペアトレーニング

健康の最新記事8件