1日の始まりは良い目覚めから

  • 2022年6月30日
  • 睡眠
  • 1view

みなさん、よく眠れていますか?
また、起きたときから体がだるかったり、疲れが取れていなくてすぐに起きれないなんて事はありませんか?

その目覚めの悪さには、原因があります。
スッキリ起きれると朝から元気に過ごせますので、原因を知っていきましょう!

目覚めが悪い原因は『睡眠の質が低下しているから』です!
ではなぜ質が悪くなってしまうのかというと、

1、体内時計の乱れ
朝に目覚め、朝日を浴びたり体を動かすことでセロトニン(精神の安定や脳の回転をよくする、ストレスに対して効能のあるホルモン)を体の中で作り出します。
そのセロトニンを原料に、日没後からメラトニン(睡眠ホルモン)の濃度が増えていき、眠気が強くなり深夜にピークを迎えます。
「眠気がおきない」や「睡眠が浅い」と思っている方は、メラトニンの濃度が低いことや分泌が足りていないという原因があるかもしれません。
メラトニンの減量となるセロトニンを活性化させるために、朝の散歩や食事の際よく噛むことを意識してみて下さい。
体内時計を整えることが質の良い睡眠につながります!

2、ストレスが溜まっている
仕事や育児などで溜まったストレスは、交感神経を優位にします。
心拍数が高まり、精神の緊張を招くため眠りが浅くなったり寝つきも悪くなってしまいます。
ストレス発散方法を見つけ、できるだけストレスを減らすのが大切です。
その中で適度な運動はストレス発散になり、程よく疲れてよく眠れるようになりますよ。

3、寝具があっていない
寝具が自分の体に合っていないと体に負担がかかり、首や肩に不快感や痛みを感じてしまいます。
それによりレム睡眠、ノンレム睡眠の周期が乱れ、質の良い睡眠を取る事ができなくなってしまいます。
寝具は自分の体に合ったものを選んでみて下さい。合うものがなければオーダーメイドも可能です。

その他の睡眠の質の改善方法としては、
・毎日寝る1~2時間前に入浴して体温を上げる
(10分くらい湯船に浸かるといいです!)
・寝る前のスマホを控えてブルーライトを浴びないようにする
・いびき(無呼吸)の改善
なども大切になります。

たとえ睡眠時間が長く取れなくても、質の良い睡眠でスッキリ目覚める事ができます。
まずはできるところからやってみて下さい!

Personal Gym Bright

渋谷区恵比寿西1-2-1エビスマンション306
TEL: 03-6555-3594
営業時間:07:00-22:30(不定休)
#恵比寿パーソナルジム#代官山パーソナルジム#広尾パーソナルジム#子連れジム#ペアトレジム

 

 

睡眠の最新記事8件